横断歩道中の暗黙の了解斑馬線裏的默契

200902211837マカオに来たことある方、またはマカオに住んでる方にマカオの横断歩道について感想とかを聞くと、ミョウな感じしか語ってくれないかもしれないね。マカオの交通法より歩行者は横断歩道で絶対の優先通行権利の持つことはされてるけど、マカオの街道は狭くて、ラッシュの時はひどく込んでいて、歩行者たちの横断歩道でそんなに絶対優先通行な権利は存在されてないようになってる。事情の知らない外国人の観光客たちはマカオ横断歩道でもなにがあっても優先通行されるのを当たり前と思い込み、横断歩道で無視されたら腹が立つね。事情のよく知ってるマカオ人の僕らは運転の身分としても歩行の身分としても、横断歩道で対決したら、どっちが優先通行とかではなく、互いにタイミング・勢いを合わせあい、横断歩道で見事にクロスオーバーのように済むのに努めてる。もちろん、法律の約束で歩行者は横断歩道で勝手に足を踏んで渡ったりしても運転士にとめてもらうけど、ラッシュ中の交通にはさらに負荷が与えられるね。もっと交通をスムーズようにするため、みんなは横断歩道でタイミング・勢いによってどっちが先に通っても当たり前とは思わなく、優先通行したり優先通行させたり、軽く手振りの丁寧したりして、それはマカオ横断歩道だけしかない以心伝心の間柄かも知れない。もちろん、どんなことにも例外があるね、むしろ例外が多いかもしれないけどねw。^^;200902211837當你向唻過澳門既朋友或係澳門住既朋友問道有關澳門斑馬線問題,大家都可能有一種唔知點答才是好的感覺.澳門交通法有規定斑馬線上行人有絕對優先權利,不過澳門街道又狹窄,又塞車,行人實質上就沒有絕對優先權.唔知情的外國旅客諗住澳門斑馬線會讓人行先,但係實質又沒被讓到就會感到不滿吧.知情的澳門人既澳哋,無論自己係行人也好駕駛者也好,係斑馬線前對決時就唔係話邊個行先,而係因時機同來勢而互合作係斑馬線上cross over.當然啦,係法律的約束下,行人就咁踏隻腳出來斑馬線到,駕駛者都要停比佢既,只不過會令交通塞車情況更嚴重.為咗可以交通情況上運行得更暢順,大家係斑馬線上互協調,並唔係邊個行先才合理,你讓吓我,我讓吓你,互相輕打吓手勢,呢種傳情達意既關係係澳門斑馬線才會有吧.當然啦,凡事都有例外,只不過好似例外戈啲比較多.^^;

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • StumbleUpon
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • Add to favorites
  • Google Buzz
  • Live
  • MSN Reporter
  • MySpace
  • RSS
  • email

About カガヤキ