昔マカオの地図(1679-1682)舊澳門的地圖(1679-1682)Mapa do antigo de MacauOld Macao’s Map

昔マカオの地図清康熙十八年から二十一年の(1679-1682)描きの地図
  この地図の方向について、上は東、下は西、左は北、右は南である。旧国境から南方のマカオを主にし、周りには小さな島が並んでる。この地図は3Dと2Dを組み合わせ、実際に距離を考えず、カタチ的にマカオの地形・教会・街道・住民の自宅・砲台などの相対の位置を表してる。この地図には9枚の満文で書かれてるポストが貼られ、砲台や媽閣廟などそれぞれに補足説明でつけられ、地図の裏の右上には黄色い満文で書かれてる《廣東澳門圖》がある。今はその地図が中国第一歴史館に預かってる。

地図のもっとも左には国境の建物がわかりやすいね、そこからちょっとだけ右になって農地のところはおそらく今の望廈だと考えられる。そして、もっとも右下のところその建物はおそらくペンニャ教会だと考えられるね、それからその上の山っぽく見えるのはギア要塞に見えるね。こういうふうに昔マカオの地図をもって、ひとつひとつ今の場所を見つけたり、当てたりして、本当に面白かった。ちなみに、昔のマカオは本当に小さかったな。舊澳門的地圖(1679-1682)

清康熙十八年至二十一年(1679-1682)間繪 佚名 彩繪紙本
  此圖方向上東下西,左北右南。以舊關閘以南澳門本島為主體,周圍畫有鄰近島嶼。此圖用立體與平面結合方法,形象地表現了澳門的地形,敎堂、街道、民居、炮台等祇表示相對位置,不考慮實際距離。此圖貼有九張滿文書寫的紅紙標簽,分別對各炮台及媽閣廟加以注說,背面右上角貼有黃色漢文圖簽:《廣東澳門圖》。
  此圖現藏中國第一歷史檔案館

地圖最左邊那個易明的東西應該係關閘吧.之後過右面少少農田部分應該係望廈啦.之後,最右下角戈邊那個建築物幾似西望洋聖堂吓.之後係上面好似座山咁樣戈度應該係松山啦.攞住個舊地圖咁樣一個一個搵吓又估吓每個地方真係幾得意.話時話以前既澳門真係好細吓.Mapa do antigo de MacauOld Macao's Map

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • StumbleUpon
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • Add to favorites
  • Google Buzz
  • Live
  • MSN Reporter
  • MySpace
  • RSS
  • email

コメントを残す