ジャネーの法則JANET’S LAW


ジャネーの法則とは19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネが著作で紹介した法則のことである。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に解明した。

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。「日本語のWikiPediaの引用」

 なぜ、いきなり難しい法則をあげてしまうんだろうよね。最近はいつもこういう考えがますます強くなってきた。
よ~し、今日は金曜日だといったら、すぐまた次の金曜日が来てるような時間の速さを確実に感じてる。へぇ、なぜ、だろうよね。年を取ればとるほど、時間の速さを実感しちゃう話はよくされてるもんですね。

人間の時間に対する話といえば、昔の夜間学校の時に、ある教師の言葉を思い出した。

世界の平等というのは誰かのほうがお金持ちでも誰かのほうが貧乏でもなく、世界のみんなも平等に24時間しか与えられてないことだから、お金持ちになるか貧乏になるか、今のうちなんだと中間層してるあの先生がよぉくそれを挙げたよねw。

ジャネーの法則の話に戻ると、30過ぎの自分はジャネーの法則の計算によると、1日が30過ぎの自分の3日に当たるんですね。まぁ、あくまで主観的記憶される話ですから、気にしない気にしないね。^^;汗

Janet’s Law係19世紀法國的一個哲學家,Paul Janet研究出來的,而佢侄子暨是心理學家,    甥の心理学者・Pierre Janet以著作介紹了呢個法則.他說出了被主觀記憶下的年月的時長在於年輕人時會較長,而於年長的時長會較短的現象以心理學來解明了.

簡單啲講就係人生時階段裏的心理時長同年齡係成反比的.

例如,一個50歲的人來講,1年的時長即係大約人生的50分之1,而5歲的人來講講,相當於5分之1.咁即係,50歲的人的10年歳就等於5歲的人的約1年咁上下時長,5歲的人的1日即係50歲的人的10日咁上下時長了. 「來源引用了日文維基百科 」

點解,我突然要舉啲咁難的法則呢.我最近越來越有以下的感慨.
好啦,今日係星期五啦,之後好快又到星期五了,覺得時間真係過得好快.點解會咁架呢.年紀越大,就會越覺得時間過得快吧,好多人都係咁講吧.

講到人類對待時間的看法,令我想起以前夜校一位老師的一個說話.

世界之所以係平等並唔係邊個有錢啲,邊個窮啲,而係世界上每一個人都平等地被分配了24小時的每一日,所以要變成有錢人定係窮人就要靠現在的努力吧.那中上階層的老師梗係可以講就講得好漂亮啦.

返返唻Janet’s Law話題先,30出頭的我,以Janet’s Law的計算方法,即係我每過一日都相當於過了3日吧.不過,始終都係被主題記憶下來的感覺而已啫,別在意弓,別在意了.^^;汗

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • StumbleUpon
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • Add to favorites
  • Google Buzz
  • Live
  • MSN Reporter
  • MySpace
  • RSS
  • email

About カガヤキ