盂蘭盆盂蘭節

盂蘭盆

盂蘭盆は広東語で盂蘭節という、また鬼節とは俗称してる。
ご覧写真の通りに、これはお盆を行った翌日の残り物だね。かなり醜い状況になってた。
日本のお盆また中国の盂蘭盆はWikipediaで詳しい情報が見つかる。
俺的な言葉で語ると、盂蘭盆とは昔の昔、ある息子さんは冥界まで見える「目連」を持ち、いなくなったお母さんのお腹がすいてる可哀相な姿を見たきっかけだ。

お母さんは食べ物を食べたくて、息子さんはいっぱい食べ物をお母さんの前に出し、お母さんは何度も食べ物を食べようとして、食べ物を口元に入れたら、食べ物がすぐ燃やされ食べられなくなった。親孝行してる息子さんはそれを見て悲しくて、どうしたらいいだろうかと坊主さんに聞いた。その坊主はこうといった。まずは高くて珍味な食べ物を容器に入れてから妖精に持参し、妖精たちはそれをもらってから、あなたのお母さんのためにお祈りしてくれてから、お母さんは食べ物を食べられるようになる。息子さんは坊主のいった通りに従ったら、お母さんは本当に食べ物を食べられるようになった。

あくまで単なるうわさまた伝説だが、中国人はその親孝行精神に気になり、毎年の旧暦7月頃、その息子さんのやってるみたいに、珍味な食べ物を容器に入れ妖精に持参し、自分の祖先たちに食べ物を食べさせるようになるだと今でもそうだと信じてるそうだ。
しかし。。。。。
なんだかんやで、いつのまに、盂蘭盆は鬼節とされてしまい、祖先に食べ物を持参するより、鬼にやられないように粗末なモノを鬼に寄付するような意識に変質になってしまう。

もう一度今の写真を見たら、どうしても昔の昔の当時の珍味な食べ物には見えないですね。^^;盂蘭節

盂蘭節又俗稱鬼節.
如圖中所見,呢個係祭祀後的殘局.都幾難睇吓.
係日本有盆祭,而係大陸就有盂蘭節,係維基百科裏有好詳細的解釋.
依我理解來講的話,盂蘭節的起源係係好耐好耐以前,有一個兒子擁有一對可以睇到冥界的[目連],而且佢仲睇到佢已故的媽媽好可憐的樣子添.

佢媽媽好想食野,於是兒子就預備好多食物係媽媽面前,佢媽媽諗住食既時候,每當啲食物放到嘴邊便成為灰,無法食到啲食物.孝子睇見咁樣就好痛心,於是走去面大師.大師話首先預備好啲珍收百味放在一個容器上,供啲妖精食,咁啲妖精就會為佢媽媽祈禱,令佢媽媽可以食倒野.孝子照做之後,佢媽媽真係食倒野啦.

當然啦,呢個只係坊間所傳的傳聞而已,沒有根據,而大陸就對此孝心好認同,所以每逢農曆7月,啲人就會好似戈個孝子咁樣照做,目的係為咗可以比到啲食物到佢哋啲祖先食,到現在都係咁相信着.
只不過…….
唔知點解係啲咩原因,不知不覺之間,盂蘭節被視為鬼節了,與其供奉珍收百味比祖先,以經變質到不想被鬼搞而求其把啲食物供奉比啲鬼以致解難的意識了.

大家再用心睇多一次呢幅圖片吧,點樣睇都睇唔出如何有當時的珍收百味係裏頭吧.^^;

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • StumbleUpon
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • Add to favorites
  • Google Buzz
  • Live
  • MSN Reporter
  • MySpace
  • RSS
  • email

About カガヤキ