中国返還10周年 数字から見るマカオの発展澳門:十年發展 數字說話

マカオの中国返還の10周年に近くて、最近はそれをめぐって話題また特集されてるのが多いんだね。今日はネットで「マカオ」と打ってニュース欄のを覗いてみたら、こんな記事の発見した。「中国返還10周年 数字から見るマカオの発展」
確かに、その記事の書いてる数字からすると、マカオは返還後この10年間は経済の発展はかなりすごかったが、なぜなら、いつものチャイナらしくよいことしか報道しないんだろうよね。
僕はちょっと気になって、マカオの経済発展にその裏にあるほかの統計数字を探してみた。
マカオの統計局「DSEC」よりマカオの過去から今までの罪案率の発表を僕はここにコピペしてみた。

1981   2,851
1982   3,773
1983   5,233
1984   6,831
1985   5,228
1986   4,414
1987   4,717
1988   4,798
1989   5,524
1990   5,514
1991   5,841
1992   5,775
1993   5,322
1994   5,966
1995   7,181
1996   8,576
1997   8,162
1998   8,487
1999   9,262
2000   8,925
2001   8,905
2002   9,088
2003   9,920
2004   9,786
2005   10,538
2006   10,855
2007   12,921
2008   13,864

マカオの罪案は止まらないですね。実は密入国者また外人観光ビザ切れて滞在中者の統計数字を探してみたかったが、マカオ統計局にはそんな数字なくて、たとえそんな統計数字があるとしても、実際の数字とは反映されてないだな。経済発展猛即中この狭い町の裏はやっぱりキレイな経済発展数字のキラキラ光に被られてるんだろうよね。そんな裏はいつか爆発するんだろうね。

澳門回歸中國快要10週年了,最近以回歸為主題的話題或特輯都好多.今日係上網打[澳門]睇睇新聞戈欄,發現有呢個記事.「澳門:十年發展 數字說話」
的而且確,呢從呢個記事的數字可以睇見澳門回歸後呢10年的經濟發展好大,不過唔知解好有大陸風格地只報喜不報憂的.
我突然有啲感興起來,所以試搵搵一啲有關從澳門經濟發展中之背後的某些數字.
我係呢度copy paste有關澳門統計局「DSEC」所發表的澳門從以前至今的罪案率數字.

1981   2,851
1982   3,773
1983   5,233
1984   6,831
1985   5,228
1986   4,414
1987   4,717
1988   4,798
1989   5,524
1990   5,514
1991   5,841
1992   5,775
1993   5,322
1994   5,966
1995   7,181
1996   8,576
1997   8,162
1998   8,487
1999   9,262
2000   8,925
2001   8,905
2002   9,088
2003   9,920
2004   9,786
2005   10,538
2006   10,855
2007   12,921
2008   13,864

澳門的罪案真係冇停過架.其實我仲想搵埋一啲非法入境或過期居留的統計資料架,不過統計局好似冇呢啲資料.不過就算真係有呢啲資料都好啦,都反映唔到實際的數字架啦.經濟發展急速的呢個小城,小城的背後始終被經濟發展數字的光芒所遮蓋住.呢個背後幾時會爆發出來呢.

  1999年12月20日、マカオがポルトガルから中国へ返還された。マカオの人口は54万人、面積は30平方キロメートルにも満たない。規模で言えばマカオは小さな都市であるが、マカオは中国返還から10年間で大きな変化を遂げ、数字がその発展をはっきり証明しているという。チャイナネットが報じた。

  ◆経済の飛躍的発展 マイナスからプラスへ

  復帰1年目である2000年、復帰前は経済が4年連続でマイナス成長となっていたが、マカオ特別行政区はその局面を変え、プラス成長傾向を維持した。00年から08年のGDP成長率は年平均で約14%となった。

  ◆1人当たり平均GDPはアジア上位に

  08年、マカオ特別行政区の1人当たり平均GDPは31万3091パタカ(約347万円)で、1999年の2.8倍となった。

  ◆財政黒字は1000億パタカに

  00年から08年、マカオ特別行政区の財政収支は9年続けて黒字となった。復帰から10年で、財政黒字高は約130億パタカ(約1457億円)から1000億パタカ(約1兆1213億円)に8倍近くに増加した。

  ◆08年の観光客数は住民数の42倍に

  復帰2年後の01年、観光客数が初めて1000万人を突破した。03年7月に大陸部の一部都市でマカオへの個人旅行が解禁されたため、大陸部からの観光客が大幅に増加し、観光客数は飛躍的な増加を見せた。観光客数は07年に約2700万人に達した。08年の観光客数は2293万人になり、マカオ人口の42倍以上となった。

  ◆失業率は3%に低下

  失業率は「下降」した数少ない部門である。00年以降、マカオの失業率は6.8%から下降し、08年には3%まで下降した。(編集担当:米原裕子)

中国返還10周年 数字から見るマカオの発展(1)

回归十年珠海拱北口岸验放旅客量约增2倍。12月12日,前往澳门的旅客在拱北口岸接受口岸边检工作人员查证。

珠海拱北口岸是中国第二大口岸,是澳门联系内地最大的陆路通关口岸。1999年澳门回归当年,全年通关旅客数量约3000万人次。2003年实行《内地与澳门关于建立更紧密经贸关系的安排》(CEPA)和自由行政策以后,拱北口岸客流猛增。到2008年,拱北口岸全年验放旅客高达8472万人次。

如今,拱北口岸平均每天客流23.5万人次,平均每名检查员每年验放的旅客达到28万人次。2009年截至10月,拱北口岸已经验放旅客6700万人次,全年验放旅客量可能再次突破8000万。新华社记者 吴鲁 摄

新华网澳门12月13日电(记者 徐超)人口54万,面积不到30平方公里,这就是澳门。从规模上说,澳门只是个小城市,资源有限、人力有限、土地有限……然而,回归十年来,数字所见证的巨大变化,却让它成为一颗夺目的明珠。

经济腾飞

——从“负”到“正”。回归后第一年,也就是2000年,澳门特区扭转回归前连续4年经济负增长局面,保持连年增长势头,2000年至2008年本地生产总值(GDP)年均增长率约为14%。

——人均GDP名列亚洲前茅。2008年,澳门特区人均GDP达到31.3091万澳门元(约合39036美元),是1999年的2.8倍。

——累计财政盈余1000亿澳门元。2000年至2008年财政年度,特区政府财政收支连续9年出现盈余。回归十年间,政府财政累计盈余由不足130亿澳门元,增至1000亿澳门元,财政实力增长近7倍。

——42倍,2008年入境旅客与特区居民总数之比。回归两年后,特区2001年全年入境旅客首次突破1000万人次。自2003年7月内地城市陆续实施赴澳门“个人游”后,内地客源大幅增加,入境旅客总数呈现跨越式增长。2007年,入境旅客达到约2700万人次。2008年,由于统计中剔除外地雇员和学生入境人数,澳门全年入境旅客人数2293万人次,是当地人口的42倍多。

——失业率3%。回归十年来,失业率可以说是为数不多呈“下降趋势”的数字。2000年,当地失业率达到回归以来的峰值6.8%,以后逐年下降,至2008年已降至3%。

澳门:十年发展 数字说话

1999年12月20日、マカオがポルトガルから中国へ返還された。マカオの人口は54万人、面積は30平方キロメートルにも満たない。規模で言えばマカオは小さな都市であるが、マカオは中国返還から10年間で大きな変化を遂げ、数字がその発展をはっきり証明しているという。チャイナネットが報じた。

  ◆市民が経済発展の成果を共有

  財政に余裕が生じ、マカオ特区政府は経済に貢献した市民に重視するようになった。

  特区政府は2000年から、「人間本位」の理念を堅持し、市民の生活レベルの向上や市民の安定した生活の保障に着手し、民生への恵みを拡大してきた。「倍増」という言葉で10年間の変化を如実に反映するのはすでに難しくなっている。

  最低生活維持費は2640パタカ(約2万9000円)に。マカオ特区政府社会工作局の資料によると、特区政府は2000年にマカオの最低生活維持費を月1300パタカに引き上げ、06年と07年にはそれぞれ1600パタカと2000パタカに引き上げた。08年、金融危機の影響を考慮し、特区政府は最低生活維持費を2度引き上げ、復帰時の2倍以上である2640パタカとなった。

  年金は5000パタカ(約5万6000円)に。年長者に配慮するため、特区政府は2005年、初めて65歳以上の市民に1200パタカの年金を給付した。支給額は06年に1500パタカ、07年に1800パタカに引き上げられた。08年には支給額を3600パタカにし、09年には5000パタカに引き上げた。

  平均予期寿命が4歳上昇。1996年から99年のマカオの出生時平均寿命は77.9歳、05年から08年では82歳まで上昇した。

  全市民の1人当たり年間給付額は6000パタカ(約6万7000円)に。特区政府は08年と09年に「現金分配計画」を実施し、08年には永久住民に5000パタカ、非永久住民に3000パタカを支給した。09年には永久住民に6000パタカと500パタカの医療券、非永久住民に3600パタカを支給した。

  社会保障基金の受益者は25万人に。社会保障基金に支払いを行った受益者は1999年の11万5000人から08年には25万人に2.2倍となった。また、社会保障基金の各種支給額は1999年の総額1億4100万パタカから08年には4億2600万パタカに3.1倍に増加した。

  ◆未来に着目

  マカオ特別行政区が持続可能な発展の原動力と潜在能力を維持するため、特区政府は教育産業への投下と関心を強めてきた。また、行政改革に力を入れ、行政サービスの効率向上に努めている。15年間の無料教育制度は海峡両岸と香港・マカオ地区で初めての制度となる。

  2009年10月までに、特区政府は13部門で計33項目の「ワンストップサービス」を提供し、市民の生活を便利にしてきた。特区政府は10年間で計460項目の規定を出し、うち経済や民生に関する規定は235項目に及ぶ。(編集担当:米原裕子)

中国返還10周年 数字から見るマカオの発展(2)

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • StumbleUpon
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • Add to favorites
  • Google Buzz
  • Live
  • MSN Reporter
  • MySpace
  • RSS
  • email

About カガヤキ