WM6のBTダイヤルアップにエキストラストリング追加する方法於WM6的藍芽撥號上加入撥號指令之方法

WM6のBTダイヤルアップにエキストラストリング追加する方法自分がメインにXperia X1を使い、X02HTをネットパケット用「マカオの例の激安やり放題HutchPlusプリペイドカード」にしてる。母から放置中の携帯電話(ソニエリ G900)をもらい、その携帯でもっと活用してみよと僕が思い、いろいろいじってみた。

もちろん、さっそく、そのG900にHutchPlusカードを刺し、ブルートゥースのモデムにしてみた。

Xperia X1(WM6)でいつものダイアルアップ番号を「*99#」に入れ、ダイヤルアップしてみたが、なんどもダイアルアップしてもG900にはネットワークへの接続成立になれなかった。

ネットで調べてみたら、ソニエリの端末(WM系除外)にはブルートゥースのダイヤルアップにはエキストラストリング(コマンド)を入れないといけないなのだとわかった。

AT+CGDCONT=CID,"IP","MyOperatorAPN"

CIDには1を入れてもいいが、なるべくWM6のワイヤレスマネージャーのほかの設定と重ならないように、3にしていいだろうね。それから、MyOperatorAPNには使ってるネットプロバイダーのをいればいいね、こっちの場合だとweb.hutchisonmacau.comだね。

しかし、ここでは問題がきた~ぁ。WM6またその以降にはブルートゥースのダイヤルアップ設定にはエキストラストリング(コマンド)の入力欄もうないんだ。これで、コマンドの追加できるまでにはレジストリをいじらなければならないんだ。ネットで調べたら、ようやく解決できた。

レジストリエディターでこのパス「HKEY_LOCAL_MACHINE\Drivers\Unimodem\Init」でストリング値の追加する必要がある。

AT+CGDCONT=3,"IP","web.hutchisonmacau.com"<cr>

上記のコマンドを入れるときに、必ずコマンドの最後に<cr>も入れてください、そうではないと動かない報告があるそうだ。「ダイヤルアップ番号は*99***3#にして」

実はX02HTをWIFIルーターとしてもXperia X1にネットワークを与えてるけど、もしも長くネットすると、2台の端末もWIFIのつけっぱなしでバッテリはすぐ落ちるため、ブルートゥースのダイヤルアップがずっと便利でバッテリにも優しいしね。於WM6的Dial-up上加入撥號指令之方法我自已主要係用Xperia X1,而X02HT係攞唻(澳門傳聞中的超平任上網的plus卡)上網用的.我從我媽媽戈邊取得一部佢冇乜點用的手機(索愛G900),諗住活用一吓呢個機,試咗好多野.

當然啦,我即時把和記卡插入G900,然後試把其當藍芽Modem咁樣用.

我用Xperia X1(WM6)輸入平時都用開的撥號「*99#」,不過試撥咗好多G900都係無法連線.

上網搵過資料後,得知索愛的手機(WM系列除外)的藍芽撥號係要加入撥號指令方可運作架.

AT+CGDCONT=CID,"IP","MyOperatorAPN"

雖於CID內輸入1便可,但盡可能不與WM6月的網絡管理的其他設定相撞,所以輸入3就是了.另外,於MyOperatorAPN內輸入自已用緊的網絡供應商的APN便可,我的情況就係輸入web.hutchisonmacau.com.

不過呢,問題唻啦.WM6打後的版本中的藍芽撥號的設定已經冇咗撥號指令可供輸入欄架啦.咁樣就要弄一弄吓佢戈註冊表架啦.上網查完之後,終於解決到啦.

用註冊修改器到呢個路徑「HKEY_LOCAL_MACHINE\Drivers\Unimodem\Init」要加入一個String.

AT+CGDCONT=3,"IP","web.hutchisonmacau.com"<cr>

記得輸入上面的指令時,一定要係最後輸入<cr>,聽過話有報告反映若不輸入的話會唔得架.「把撥號號碼輸入為*99***3#

其實我大可把X02HT當作WIFI ROUTER令Xperia X1得以上網的,不過若長時間上網的話,兩部機都要長開住WIFI,好快會冇電架啦,所以用藍芽撥號的方法又方便又對啲電池方面好啲呢.

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • StumbleUpon
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • Add to favorites
  • Google Buzz
  • Live
  • MSN Reporter
  • MySpace
  • RSS
  • email

コメントを残す