格安航空「ビバマカオ」、運航許可取り消し特惠航空「澳門非凡航空」,營運權被取消

格安航空「ビバマカオ」、運航許可取り消しすでに先日のニュースだが、あんまりにも注目を集めていて、今でもその大騒ぎは終わってないですね。実は、ビバマカオのニュースをブログのネタにするつもりは最初になかったが、日本の友達からこういうメールが来てた。

「日本人も多くの被害が出たビバマカオ事件。カガヤキさんはブログで記事にしてないけれど、なぜですか?
関心ないですか?それとも友人に関係者がいてコメント書きづらかったのかな?
今回の事件について現地では皆さんどのように見ているのでしょうか?

ビバマカオのライセンス取消は正しいでしょうか?
マカオ航空を助けるための排他的な扱いがあったからでしょうか?

その後新しい問題などは発生していませんか?」

それでは、お答えしましょう。まず、友人には関係者いないので、コメント書きづらいわけで記事にしなかったではないんですね。自分は新パパになって3ヶ月もなくて、基本的に旅行とかしばらく無縁ですから、別にどこかの航空が終わったか、どうでもいいんじゃないかと思ってたので、記事にしなかったですね。^^;
今回の事件で、現地の人つまりマカオ人らはどう思ってるだろうといえば、被害者のみんなはもちろん、返金のしか考えてないですね、また今後は安い飛行機チケットなくなるとかね。
ビバマカオのライセンス取り消されるのは個人的に正解でしょうと思うね。ビバマカオの経済不況のはいきなりではなく、何度も忠告されてからこうになるんだし。
そして、マカオ航空を助けるための排他的な扱いといえば、確かに僕もそれは相当にありえそうと思うが、別に根拠ないので、勝手に決め付けれないが、ある意味で、マカオの有名なキャリアCTMの場合でも、政府とぐるになって、独占企業のイメージがされてるんですね。
事件のあと、ビバマカオ側から何度も復航のを要求してるだが、なかなかうまくいってないそうですね。

ビバマカオといえば、格安航空だと有名されてるはずと思うですね。この航空会社はマカオであんまり長く経営してない覚えがあり、ウィキペディアで調べたら、2005年から始まったそうですね。とにかく、ビバマカオといえば、安い飛行機チケットだろうだとイメージされてるんですね。

特惠航空「澳門非凡航空」,營運權被取消其實已經係幾日前的新聞了,不過因為太受注目啦,所以現在都仲係好受關注的.其實起初我沒打算把澳門非凡新聞寫在我的部落格上的,不過我有個日本朋友寄了一封電郵問我.

「係今次的澳門非凡航空事件有好多日本受害者.點解卡加一key先生沒有把此事寫在部落格上既?

唔關心?還是有朋友是事件的相關人士所以唔方便評論?

今次事件,當地人如何睇法?

澳門非凡的營運被取消是否正確?

是否為了保住澳門航空而採取排除其他對手的可能?

之後仲有冇其他事發生?」

好啦,就讓我為你解答一吓啦.首先,我沒有朋友是事件的關係人,所以並不是因唔方便評論而沒有寫在部落格上.我初成為爸爸唔夠三個月,基本上都旅行事宜暫時係無緣的,所以邊間航空做唔住,對我呢講沒什麼特別的,所以咪沒有寫在部落格上囉.^^:

今次事件,當地人即係澳門人點睇法的話,受害者的當地人就更係除了回水就別無他想啦,又或者可以話今後沒有特惠飛機票買之類囉.

澳門非航的營運被取消我個人認為係正確的吧.澳門非航的經濟問題並唔係突然的,而係好幾次忠告的才變成咁樣的吧.

之後,是否為了保住澳門航空而採取排除其他對手的可能呢!的而且確我都覺得好有呢個可能,不過沒有證據所以唔可以亂講的,係某程度上,澳門出名的CTM的情況都係一樣,常被認為與政府串通成為獨一經營的印象.

事件過後,澳門非凡不斷爭取復航,不過好似唔順利吧.

澳門非凡係出名的特惠航空.我記得呢間公司係澳門唔係開咗好耐的,係Wikipedia搵出資料,好似係2005年開始營業的.總言之,澳門非凡常被認為係一間特惠超平機票的諗法.

 ベトナム民間航空局は3月29日、マカオ航空当局から格安航空会社「ビバマカオ」の航空運送事業許可(AOC)を取り消したとの通知があったことを受け、ビバマカオのベトナムへの運航許可を取り消したと発表した。

 ビバマカオは燃料代の決済が滞っているため3月26日からフライトの欠航が相次いでおり、同航空の予約客約5000人に影響が出る事態となっている。ビバマカオは、ハノイ~マカオ線を週3便、ホーチミン市~マカオ線を毎日運航していた。

  非凡釘牌

    【本報消息】非凡航空無力支付燃油費事件越鬧越大,導致航班延誤或取消,情況未見改善,民航局前日仍未撤銷非凡經營資格,非凡繼續售票。昨日事態突變,民航局長陳穎雄昨宣佈,因非凡航空極不合作,且未負上應有商業責任,在政府協助疏導旅客時不給予旅客名單資料,導致疏導工作緩慢,故昨日要求澳門航空終止與非凡航空的分專營合約,即非凡已不具備航空運輸基本資格,換言之空運經營人的執照亦被終止。倘非凡在空運執照被取消後繼續售票,等於構成詐騙等商業犯罪。政府貸款予非凡航空的兩億元,將透過法律程序追討,並已通知非凡航空,對方則未有回應。

    拒給乘客名單礙疏導

    旅遊危機處理辦公室昨日下午五時十五分假獲多利中心十四樓舉行新聞發佈會。由民航局長陳穎雄、新聞局長陳致平、旅遊危機處理辦公室協調員安棟樑、消費者委員會執行委員會主席黃翰寧主持。

    陳穎雄宣讀政府聲明時表示,政府已要求澳門航空終止非凡航空轉批給合約。政府高度關注非凡航空事件對澳門乘客及社會引起的負面影響。從非凡航空因燃油清付問題中斷航班服務,政府一直聯繫該公司,督促必須對乘客負上商業責任,惟非凡極不合作,甚至在政府為受影響乘客提供協助時,不給予必需資料,包括乘客名單,導致疏導工作進度緩慢。政府一直盡最大努力,期望非凡航空合作,以達成多方所接受的解決方案,遺憾的是直至昨天中午,未見該公司作出配合。

    無履責損害公衆利益

    特區政府看不到非凡有誠意解決問題,經詳細評估、考慮事件對本澳旅遊業可持續發展的影響,以及諮詢法律意見,為維護公衆利益,特區政府決定要求澳門航空終止非凡航空分專營合約,並已取得澳門航空同意。

    與此同時,政府在○八年至○九年期間,向非凡航空作出二億澳門元的貸款,將透過法律程序作出適當處理。特區政府一直致力協助本地航企營運,並願意給予多方面支持及援助,但由於非凡航空不履行商業責任,多次損害公衆利益,特區政府逼不得已作出這個決定。

    若繼續售票等同詐騙

    陳穎雄指出,非凡被取消經營資格前賣出的機票,猶如與顧客訂立一份合約,撤銷合約時,有責任履行合約條款。倘被終止經營資格後,繼續出售機票予顧客,其行為等於詐騙,屬違法行為。

    被問及前日政府仍不肯“叫停”非凡航空售票,何以昨日突然“轉軚”?陳穎雄解釋稱,事件發生後,政府需時評估及掌握情況,始終非凡是私人公司,需要評估政府應否介入事件,政府當時希望非凡合作解決事情,但未得到妥善回應。隨着事態發展,越來越多旅客受影響,惟非凡極不合作,且不負責任,甚至政府啟動危機辦公室後協助處理旅客時,非凡亦不提供旅客名單,協助順利疏導顧客。政府在顧及公衆利益及旅遊城市形象後,才作出這個決定。強調近幾天政府盡最大努力想辦法解決問題,但最後都未能成功。

    他說,非凡航空成立前,已向當局提交申請資料,申請資料亦符合空運經營人執照的資格,對澳門整體利益亦有好處,故批出申請。目前,非凡航空祇是不具備航空運輸資格,但仍屬於一個私人機構,如果日後財務狀況改善,且符合空運運輸規定,可以再提交空運經營申請。

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • StumbleUpon
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • Add to favorites
  • Google Buzz
  • Live
  • MSN Reporter
  • MySpace
  • RSS
  • email

About カガヤキ