日本のJTとマカオのCTMの共通点について日本的JT與澳門的CTM的共通點

日本のJTとマカオのCTMの共通点について今日、久しぶりにある日本人の友達のH氏に誘われ、彼のある取材の通訳を手伝うため、新しいマンダリン・オリエンタル・ホテルのレストラン「Vita Rica」でものすごく高そうなディナーをすごした。彼はマカオ○ビの代表として取材してたので、食事のお会計はホテル側にご馳走様になってもらった。

まぁ、話に戻るけど、急にマカオのCTMと日本のJTはなんの関係でこのブログのネタにしたんだろうね。H氏と一緒に食事しながらいろいろ話をしていて、日本のJTについて話してたら、なんか、マカオのCTMとかなり共通点がありそうじゃないかと思い、ちょっとブログでそれらを語ったりしようと思った。

まずは、両側の会社について、まだご存知されてない方に軽く説明をしましょう。

澳門電訊 – 維基百科,自由的百科全書

澳門電訊(澳門電訊有限公司,Companhia de Telecomunicações de Macau, S.A.R.L.‎,略称は稱CTM‎)、マカオで電話通信サービス作業を提供する最も最初の会社で、1981年10月に成立された。

沿革
1981年9月29日まで、マカオの電話通信管理は元々澳門郵電司の傘下でした。政府は大東電報局と20年間の独占経営特許の契約した。CTMは1981年10月に成立されてから、マカオ電信サービスの改善する使命を務めてる。マカオは中国に返還され、独占経営特許が明け、マカオ特別行政政府に10年間の経営許可の新しい契約し、ただし、電信マーケットその携帯電話通信サービス許可は全面的に開放された。

省略。。。

組織
CTMはいくつの集団らの合資し、それぞれは:
英國大東電報局(51%の株を占め)
葡萄牙電訊集團(28%の株を占め)
中信1616(20%の株を占め)
2010-02-12 中信1616側14億を中信泰富にCTMの20%の株を買収した。
マカオ政府(1%の株を占め)

日本的JT與澳門的CTM的共通點今日,被一位好耐都冇見的日本朋友H先生邀約,幫他做訪時的翻譯,所以有幸可於新文華東方酒內的「Vita Rica」享用了餐超豪華的晚餐.因他時以Macau-N@vi代表作採訪的,所以由酒店自身請客替我們埋了單.

好啦,回正題啦,為何突然講門澳門的CTM以及日本的JT當中有咩關係呢,我諗住寫喺部落格上.與H先生一路食晚餐一路傾咗好多野,就日本的JT方面,我總覺得與澳門都幾有共通點,所以試吓喺喥諣吓啦.

首先,就兩間公司,讓一些未清楚上述兩間公司的朋友作一些簡單的說明啦.

澳門電訊 – 維基百科,自由的百科全書

澳門電訊(全稱澳門電訊有限公司,Companhia de Telecomunicações de Macau, S.A.R.L.‎,簡稱CTM‎),是澳門第一間提供電話通訊服務的企業,於1981年10月成立。

沿革
澳門的電話通訊原屬澳門郵電司轄下管理。直至1981年9月29日,澳葡政府與大東電報局簽定20年的專營合約。澳門電訊於1981年10月成立後,便擔負改善澳門電訊服務之使命。澳門回歸後屆滿的專營合約,得澳門特區政府批准續期10年,惟電訊市場如流動通訊服務已全面開放。

省略。。。

組成
澳門電訊有限公司是不同集團合資經營,分別有:
英國大東電報局(股份佔51%)
葡萄牙電訊集團(股份佔28%)
中信1616(股份佔20%)
2010-02-12 中信1616斥14億向中信泰富購入其手持澳門電訊20%股權
澳門政府(股份佔1%)

日本たばこ産業 – Wikipedia

日本たばこ産業株式会社(にほんたばこさんぎょう、英称: JAPAN TOBACCO INC.、略称: JT)とは、日本たばこ産業株式会社法に基づき1985年4月に設立されたタバコ、並びに医薬、食品・飲料の製造・販売会社である。

概説
旧・日本専売公社から1985年4月1日に業務を承継している。特別法「日本たばこ産業株式会社法」による特殊会社で、根拠法には、全株式のうち半分以上の株は国(財務省)が保有しなければならないと規定されている。
たばこ事業法により、国産葉タバコの全量買取契約が義務づけられる一方、タバコ製造の独占を認められている。したがって国内で唯一、業としてタバコの製造を行っており販売シェアは約60%である。他に、医療器具や医科向け医薬品、加工食品や清涼飲料水などの製造も手がける。売上高の92%がタバコである。
省略。。。

日本煙草產業 – 維基百科,自由的百科全書

日本煙草產業株式會社(日本たばこ産業株式会社),簡稱JT,是日本最大的煙草製造集團,同時為日經225指數成份股之一。

歷史
本集團當時在1898年是以其他形式煙草銷售的,日本專賣公社是在1949年成立的,直至日本煙草是在1985年成為國有企業的股份有限公司。 直至2004年6月底,屬於日本政府 財務省持有50%股權。
日本煙草國際(屬於日本煙草旗下)在1999年收購美國雷諾事煙草股份有限公司銷售部門, 在美國抓緊國際產品、市場及銷售煙草品牌商機。主要在美國以外售賣煙草品牌,包括駱駝牌香煙、沙龍牌香煙、 以及 雲絲頓香煙等。
本集團除了煙草業務外,還有食品、製藥、農業、工程及房地產等。
2007年4月,本集團已完成最大宗日資企業海外兼購活動,全面收購加拉赫集團股份有限公司。
省略。。。

以上はネットのソースで、両側の情報だった、上記の長く文章を読んでくれてありがとう。今から、両側の似てる状況を語ったりする。

  1. マカオのCTMは独占経営で、競争なんか欠けて、品質まだそこそこなんとかなるんだが、消費者にとってはほかの選択のないから、そういう状況で積極性には見えない。
    確かにマカオの今の携帯電話の電信サービス許可は開放されてるが、固定電話の許可はまだ独占をとり、長い間でマカオの電話通信ネットワークを作ってるため、ほかのライバルと比べ、メンテナンスもいろいろもコストは相対的に多くかからないから、料金も安くできていろいろメリットがあって、だいぶの消費者をとってる。
    一方、日本のJTも独占経営で、競争なく、消費者にとって、あえて国内のタバコ「JT」にしないと、海外輸入のタバコしかすわなければならなく、海外輸入だと税金とかかわれ、すごいかかるから、本当は選択にはならないよう状況だ。
  2. マカオのCTMも日本のJTも当地の政府が株に入っていて、それぞれは1%と50%、そこはまったく談合のないとは本当に言い切れないような雰囲気がされてる。「補足説明:マカオのCTM今でも政府の1%の株が入り、日本の今のJTはもう政府のすべて株を売り出し、それから、商標独占はもう開放され、マールボロも日本国内で製造及び販売されてる」
  3. どっちも当地のサービス改善を努めると偉そうにいってるけど、本当は最低努力で売り上げを守ればよいような雰囲気が。。。

以上就那兩間公司啲網上資源,多謝讀者讀了我上述好長的文字.現我要講吓雙方所相似的地方.

  1. 澳門的CTM係專營,冇競争,服務品質總算過得去,不過,對消費者唻講,冇其他選擇,所以唔見到有啲咩積極性.
    的而且確,澳門現在的手提電話電信經營已開放,不過固定電話仍係專營,而且以好長時間係澳門作了電訊網絡的原故,與其他對手比較之下,維修及各樣成本都較低,所以收費可以做得平啲及占有各方面的好處,所以取得了極大部份的消費客戶.
    另一方面,日本的JT都係專營,冇競争,對於消費者唻講,要唔食國內煙「JT」的話,只好食海外入口的煙,不過因為含稅的關係,會好貴,根本就唔能作選舉之比較.
  2. 澳門的CTM同埋日本的JT,兩者也含當地政府股份,分別為1%及50%,喺呢方面冇無另人完全相信當中沒有任何利益輸送的.「補足説明:澳門的CTM現在仍有政府的1%股份,而日本現今的JT已把政府全部股份賣出,以及專營已開放,萬寶路已日本國內作生產及販賣.」
  3. 兩者也好似講到好為大哋為當地有關之服務作出改善而努力,而實際的就令人覺到只想用最低的努力去保住業務收益…

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • StumbleUpon
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • Add to favorites
  • Google Buzz
  • Live
  • MSN Reporter
  • MySpace
  • RSS
  • email

About カガヤキ