踏み絵踏繪

踏み絵この間、ある友達と織田信長の話をしたら、日本の最初のキリスト宗教を認めてくれた人はおそらく織田信長かもしれないなのだ。

本能寺の変になって、織田の時代は追い出され、「もちろん、島原の乱のもきっかけで」当時のキリスト教はボイコットされ、ご覧写真通りに踏み絵というものがあった。

踏み絵 – Wikipedia

踏み絵(ふみえ)は、江戸幕府が当時禁止していたキリスト教の信者を発見するために使用した絵。本来、発見の手法自体は絵踏(えふみ)と呼ばれるが、手法そのものを踏み絵と呼ぶ場合も多い。当初は文字通り紙にイエス・キリストや聖母マリアが描かれたものを利用したが、損傷が激しいため版画などを利用し、木製や金属製の板に彫られたものを利用するようになった。絵踏が廃止されると、そのまま廃棄されたり再利用されたりしたため現存するものは少なく、表面が磨滅した形で現存しているものも多い。

生き残りたいため、宗教を裏切ったキリスト教信者がいたが、死んでも最後まで自分の宗教を守っていた人もいるため、僕はキリスト教信者として、その忠心を尊敬しています。

踏み絵の時代はもう過去だが、今後、この踏み絵を我々キリスト教信者にとって情けない信者にならないような呼びかけだと思う。踏繪早前,與一位朋友談及有關織田信長的內容,日本起初認同基督教的大概是織田信長都唔定.

後來發生咗本能寺之變,織田時代被推返,「當然,島原之亂都是契機之一」當時的基督徒被抵制,而出現咗如圖中所見踏繪.

踏繪 – 维基百科,自由的百科全书

踏繪(日語︰踏み絵)是日本人在德川幕府時期發明的儀式,目的是為了探明外人是否基督徒。踏繪有背棄基督教的意思,禁止基督教時曾經下令要所有教民踐踏以示叛教,違抗者處刑。在禁止基督教後亦用於測試進入當地的荷蘭人是否傳教士。

當時有為了生存下來而背叛了的基督徒,也有就死的都忠守到最後的基督徒,身份基督徒的我,實在讓我尊敬的.

踏繪的時代已成過去,不過,今後,呢個踏繪可提醒我們不要成為一個可慚愧的基督徒吧.

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • StumbleUpon
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • Add to favorites
  • Google Buzz
  • Live
  • MSN Reporter
  • MySpace
  • RSS
  • email

About カガヤキ