サボるの語源は激しいストライキからの始まりだった日文[偷懶]的典故是從過激的罷工而開始的

日本語のサボるの語源を調べたら、一応激しいストライキ出来事から由来なんだとわかった。

サボる – 語源由来辞典
サボるは、フランス語の「sabotage(サボタージュ)」を略した「サボ」の動詞化。
サボタージュとは、故意に仕事を停滞させたり、過失に見せかけ機械を破損するなど、経営者に損害を与えて解決を促す労働争議の戦術のひとつ。
サボタージュは、フランスの労働者が木靴「sabot(サボ)」を使い、機械を破損したことが語源である。

 

皆さんへぇ:

この語源を知ってた皆さんにも今後、サボるなんてたいしたことないと甘く思わないようにね。

「サボリーマン より」w

查過日文的[サボる]SABORU(偷懶)的典故,得知原來係從一件過激的罷工而開始的.

サボる – 語源由来辞典
サボるSABORU係取算法文的「sabotage」而簡略為「サボSABO」的動詞化.
sabotage的意思為故意令工作停滯,為作出過失而破壞啲機械等等行為,令經營者x虧損而促解決勞資争議的戰術之一種.
而sabotage的典故是法國啲勞工用木鞋「sabot」去破壞啲機械而得出的名字來的.

給大家的的信:

得知此典做的大家,今後別再認為SABORU只是小事而已啦.

「SABORIMAN(偷懶達人)字」w

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • StumbleUpon
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • Add to favorites
  • Google Buzz
  • Live
  • MSN Reporter
  • MySpace
  • RSS
  • email

About カガヤキ