日本AVのモザイクについて有關日本AV格仔的解說

日本のAVにはなぜモザイクをかけてるんだろうかといえば、昔からにも確かに違法にならないようにモザイクをつけてるという話をきいたが、でも、詳しくはよく知らなかった。

この間、ウィキでいろいろを見ていて、なんだかんやでアダルトビデオのリンクにとんで、そこでモザイクをかけるについて詳しい説明が見つかった。

刑法第175条とマスク(モザイク)
日本では、刑法第175条(わいせつ物頒布等)によって、わいせつ物を頒布できないことになっており、名目上はわいせつ作品は流通してないことになっている。モザイクをかけた作品も法的にはわいせつ物ではないとされる。モザイクは日本ビデオ倫理協会などによる自主規制である。過去の判例によれば刑法上の規制対象となるのは、徒に性欲を興奮または刺激せしめ、かつ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的同義観念に反するものである。

なるほど。そういう経緯があったんだ。

モザイクをかけてわいせつ物でないとされたが、むしろモザイクをかけて余計なわいせつ雰囲気になるこの世に見えてるみたいですね。うわべのカタチだけの法律の存在するはマカオのだけじゃないんだ。それに、比べて日本のこの刑法175条だと実にうわべのカタチしかないんですもね。^^;日本的AV點解要有格仔架呢,係好耐以前都曾聽過有關原因係話打咗格仔就唔怕犯法,不過唔太清楚詳情.

早前,係維基睇睇吓野唔知解會跳咗到AV那連結,發現了A片要打格仔的說明.

刑法第175条とマスク(モザイク)
日本,刑法第175條,就有關(猥褻物頒布等),定為不可頒布猥褻物,而名義上猥褻作品係不可流通的.打咗格仔的作品係法律不被視為猥褻物.打格仔此舉係由日本Video倫理協會(Nihon Ethics of Video Association)所主張定制的.依過去的判例中規範的對象是,令性欲興奮或刺激情欲,傷害一般人的有關性的羞恥,與性之善良的同義觀念背道而馳的.

原來有啲咁歷程.

雖然話就話打咗格仔之後就不被視為猥褻物,但係現今世代其實打咗格仔仲顯得更猥褻吧.只有外表而已的法律,原來唔係只有澳門才有的.而且,比較之吓,日本呢條刑法第175條顯得更外表而已添啊.^^;

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • StumbleUpon
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • Add to favorites
  • Google Buzz
  • Live
  • MSN Reporter
  • MySpace
  • RSS
  • email

About カガヤキ