マカオ貿易歴史の裏の「人身売買」澳門貿易歷史肯後之「賣豬仔」

今日は、マカオのある芸術文化ショーをみにいったら、昔のマカオのいろいろ歴史を知り、それからマカオの貿易の歴史の話も知った。

 

 

昔の昔、マカオの貿易発展は香港のよりずっとよかったが、イギリスが香港を植民地にし、ポルトガルに植民地マカオの貿易特許を奪い、香港の今の売り上げ貿易は当時のきっかけだろうかも知れないですね。

 

 

マカオの貿易は香港の貿易に被られ、当時のほかのずっと売り上げになってる業務はやっぱり「人身売買」とか「カジノ」とかばっかりだった。カジノといえば、まだリスボアでもなかったが、Ponte16の近くに「中央」というカジノがあって、つまり今の「中央酒店」だね。

 

 

カジノに負けて、大きな借金かかって、かえせなくて人身売買になってしまうマカオ人は山ほどそうだった。「何十万人も売買されたらしい」。広東語の「人身売買」は子豚を売るという。マカオはよく人身売買の拠点になってるため、よぉく子豚館とよばれてた、それから、隠語で「自由旅館」または「自由移民」でごまかされてた。

 

 

マカオの貿易歴史の裏には人身売買があった。ちなみに、現在のマカオのピンク産業の裏にもけっこう海外の人買いしてマカオで働かせるそう。それから、マカオを拠点としてほかのところに麻薬を運んだりする外国人が捕まってるニュースがよくあるんだね。なんだかマカオの闇貿易も人身売買も裏で引き続いてるみたいだなと僕が思ってる。今日,去咗睇澳門的某個藝術文化表演,得知好多澳門各樣的歷史,另外得知了澳門以前啲貿易歷史.

 

 

係好耐以前,澳門貿發展比香港還要好的,不過後來英國取得香港植民地後,從葡國植民地(澳門)的貿易權搶過來之後,香港現今的貿易發展大概就是當時的那個契機都唔定.

 

 

澳門貿易香港所取替之後,當時最興旺的就係「賣豬仔」同埋「賭場」之類.講到賭場的話,當時都未有葡京,於十六蒲附近有一間名叫「中央」的賭場,即現在的「中央酒店」.

 

 

賭場輸晒錢,借落佢款,無法償還啲澳門人有好多.「好似話有成幾十萬咁多吓架」.廣東話的「販賣人口」話成為賣豬仔.而澳門常為賣豬仔的據點,所以又被稱為豬仔館,後來以暗語「自由客棧」或「自由移民」作掩飾.

 

 

澳門的貿易歷史背後曾有賣豬仔的.另外,現今的澳門係黃色事業背後都好似有好多從外地來的賣豬仔的.另外,以澳門作據點運毒都各地的外國人被捉的新聞都好多時會見到的.我總覺得澳門的黑暗貿易及買豬仔仍在背後延伸著般的.

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • StumbleUpon
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • Add to favorites
  • Google Buzz
  • Live
  • MSN Reporter
  • MySpace
  • RSS
  • email

About カガヤキ