ポルトガル語の骨棘は余計に痛そう「Bico de Papagaio」葡文的骨刺可見得特別痛楚「Bico de Papagaio」

ポルトガル語の骨棘は余計に痛そう「Bico de Papagaio」うちの母は両ヒザにも骨棘ができて、痛くて、いろいろも大変そうになってる。骨棘はね、年になれば年になるほど、みんなも向き合わなければならない話かもしれないなと僕がそう思う。

 

 

 

骨棘の痛みはどんだけ痛いのだろうか、みんなもそのうちに体に答えがはっきりと出るかもしれないので、別に詳しく述べなくてもいいだろうね。苦笑

 

 

 

ただし、ポルトガル語の骨棘を思い出して、それはBico de Papagaioという。意味は「オウムのくちばし」。汗

日本語の骨棘の別称はないみたいが、遊離軟骨の同じように「ネズミ」と言ったりするらしい。意味はネズミの走り回ってるような痛みする。

中国語の骨棘の別称といえば、ありのままのように骨刺ということで、特別ではないだね。

 

 

 

世界中にみんなの骨棘の痛さも同じはずだが、それぞれの骨棘という言葉の痛さは違うかもしれないですねw

 

 

 

さってと、ネットでオウムのくちばしの写真とか探してみたら、上記のようなオウムの立派なくちばしが写ってる写真がみつかりました。

下記のブログから写真を引用させていただいてます。本当に本当によぉく撮りましたね。ポルトガル語の骨棘の雰囲気に置き換えるとさがすに痛そうだな。汗

オウムだよ^^¥ おいしいまいにち/ウェブリブログ

 葡文的骨刺可見得特別痛楚「Bico de Papagaio」我媽媽兩滕都有骨贅,又痛,各方面都好辛苦吓.骨贅呢樣野,我覺得年紀越大,大家都會非面對不可的問題都唔定吧.

 

 

 

骨贅有幾痛!大家遲早都會係身體上好清楚搵到答案,所以都唔洗我多講都可以了吧.苦笑

 

 

 

不過,我想起葡文的骨贅,就係Bico de Papagaio.意思解作「鸚鵡的尖嘴」.汗

日文的骨贅(骨棘)好似冇咩別稱的,不過好似可以與軟骨炎(遊離軟骨)一般地稱之為「ネズミ(老鼠)」.意思解作好似老鼠係喥走唻走去般的痛楚.

中文的骨贅的別稱的,大概都係就咁樣話係骨刺而已,冇咩特別吧.

 

 

 

全世界,雖然大家啲骨贅都係一樣咁痛,不過係骨贅的言語上面各有所不同的痛楚程度都唔定吧.w

 

 

 

好啦,上網試搵咗啲鸚鵡的尖嘴照片,搵到如上記那咁出位的鸚鵡的尖嘴照片.

引用著下記的部落格上的照片的.真係影得好好啊.把其換係葡文的那骨贅之意上果然真係好似好痛吓咁.汗

オウムだよ^^¥ おいしいまいにち/ウェブリブログ

 

Share and Enjoy:
  • Print
  • Digg
  • StumbleUpon
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Yahoo! Buzz
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • Add to favorites
  • Google Buzz
  • Live
  • MSN Reporter
  • MySpace
  • RSS
  • email

About カガヤキ